English

Event Information

PSIMコンソーシアム「法実務技能教育支援セミナー」(11/13)のお知らせ

第38回法実務技能教育支援セミナー

日時:2021年11月13日(土)15:00~16:30

法科大学院補助教員の意義と役割

法科大学院教育は、専任教員のみならず、多くの外部の教員によって支えられています。また、それぞれの科目を主担当する教員だけではなく、さまざまな形で授業にかかわる「補助教員」の法曹養成教育への貢献も重要です。今回のセミナーでは、こうした「補助教員」が果たしてきた、またこれから果たすべき役割とその意義を振り返りつつチームティーチングのメンバーとして「補助教員」のみなさん自身がどのように貢献しようとしているのかを考えていくため、座談会形式でのセミナーを企画いたしました。「補助教員」の定義や雇用形態は法科大学院によってさまざまではありますが、ここでは専任ではなくかつ当該科目主担当ではない若手の弁護士というカテゴリーでさまざまな立場からのご発言をいただきます。なお、本セミナーはZOOMを用いてのリモート実施となります。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

<司会>

上松 健太郎

(名古屋大学大学院法学研究科 准教授、弁護士法人オールスター

藤本 亮

(名古屋大学院法学研究科 教授、PSIMコンソーシアム代表)

<登壇者紹介>

三宅 千晶 氏 (70期)

(早稲田大学アカデミック・アドバイザー、早稲田リーガルコモンズ法律事務所)

備酒 貴也 氏 (73期)

(一橋大学学習アドバイザー、渋谷シビック法律事務所)

 

申し込み方法

参加申し込みは下記のボタンよりお願いいたします。
参加申し込み後、接続先をお知らせいたします。
なお、ご連絡いただきました個人情報は、参加者確認の目的のみに使用しセミナー終了後速やかに破棄いたします。