Event Information

PSIMコンソーシアム「第40回法実務技能教育支援セミナー」(6/18)のお知らせ

2022/05/18

第40回法実務技能教育支援セミナー

日時:2022年6月18日(土)10:00~12:00

<3+2>時代の法実務教育教材の作成と活用

法科大学院を中心とするプロセスとしての法曹養成は、<3+2>と呼ばれる法学部早期卒業と組み合わされた学部・法科大学院一貫教育とともに「在学中受験」が導入され、大きな転換点を迎えています。法実務教育もこの影響を受け、多くの法科大学院では、法実務科目について既修2年未修3年次の秋学期に配当されるカリキュラム改正が進んでいます。他方、学部・法科大学院の一貫教育においては学部レベルでの法実務教育の可能性を大きく道を開いたとみることもできます。こうした動きを受けて、法実務教育のあり方についてのセミナーを企画いたしました。ロイヤリング教育の新しい教科書として高い期待を寄せられている「ローヤリングの考え方」(名古屋大学出版会・近刊)を執筆されている榎本修氏からは法科大学院での法実務教育のあり方についてお話いただきます。また、学部ゼミでの法実務教育を積極的に展開されている宮木康博氏からはその経験を踏まえつつ、現在出版準備中のストーリー・解説・書式・映像を連携統合した訴訟法教材とそのさまざまな教育・啓発場面での活用可能性についてお話いただきます。法実務教育について関心のあるみなさまはもちろん、転換点を迎える法曹養成に関心のあるみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

プログラム

<講演1>
「ローヤリングの考え方」と法実務教育
 講師:榎本 修(弁護士/元名古屋大学大学院法学研究科 教授)
 
<講演2>
学部での法実務教育をふまえた訴訟法教材
 講師:宮木 康博 (名古屋大学大学院法学研究科 教授)
 
<シンポジウム> 
司会:藤本 亮(PSIMコンソーシアム 代表/名古屋大学大学院法学研究科 教授)


 

榎本 修


(弁護士/元名古屋大学大学院法学研究科 教授)


 

宮木 康博


(名古屋大学大学院法学研究科 教授)

 


 

 

申し込み方法

参加申し込みは下記のボタンよりお願いいたします。
参加申し込み後、接続先をお知らせいたします。
なお、ご連絡いただきました個人情報は、参加者確認の目的のみに使用しセミナー終了後速やかに破棄いたします。

PSIMコンソーシアム「法実務技能教育支援セミナー」(3/12)のお知らせ

2022/02/09

第39回法実務技能教育支援セミナー

日時:2022年3月12日(土)9:00~11:00

Book Reviewと対話ー「ローヤリングの考え方」(榎本 修著、近刊)


榎本修氏ご執筆の「『ローヤリング』の考え方ー弁護士実務(法律相談・交渉・ADR活用等)の基礎」が名古屋大学出版会から出版に向けて準備中です。榎本氏も執筆に加わった名古屋ロイヤリング研究会の「実践ロイヤリング講義」(民事法研究会、2004年初版、2009年第2版)を用いた愛知大学法科大学院ならびに名古屋大学法科大学院での教育実践をふまえ、名古屋大学法政論集に連載された論文を大幅に改稿した書籍となります。 今回のセミナーでは、本書の書評という形で合衆国のエクスパートとの間でローヤリング教育についての日米対話を企画いたしました。 PSIMコンソーシアム事務局で素訳しました英文原稿を評者たるSid Kanazawa氏とJ. C. Lore氏にお渡しし、書評をしていただいた上で、ローヤリング教育をめぐる日米間の対話を行います。当日は同時通訳を入れてZOOMミーティングによる開催となります。時差の関係で土曜日午前中の開催となりますが、法実務教育に関心のあるみなさまの参加を心よりお待ちしております。

 

「ローヤリング」の考え方ー弁護士実務(法律相談・交渉・ADR活用等)の基礎

<主要目次>
第Ⅰ部 総論
 第1章 ローヤリング概論
  ■解説1 アメリカのローヤリング
 第2章 ローヤリング技能の概観
  ■解説2 心理学とローヤリング
【補論】ローヤリングの目的論
  ■解説3 法哲学・法理学とローヤリング
第Ⅱ部 各論
 第1章 法律相談・面談
 第2章 事件受任
 第3章 調査・証拠収集
 第4章 交渉
 第5章 ADR・裁判外紛争解決手続
 第6章 委任終了後の作業・報酬
 【発展研究】「ローヤリング」と弁護士像

 

榎本 修


(弁護士/元名古屋大学大学院法学研究科 教授)


 

Sidney Kanazawa


(弁護士/Alternative Resolution Centers mediator)


 

J.C. Lore

 

(Rutgers Law School 教授)

講師紹介

講演者:榎本 修 (弁護士/元名古屋大学大学院法学研究科 教授)

ひかり弁護士法人アイリス弁護士事務所 代表

1992年京都大学法学部 卒業

最高裁判所司法研修所第46期司法修習生(名古屋地方裁判所配属)

1994年弁護士登録

2004年から2009年まで愛知大学大学院法務研究科(法科大学院) 教授

2014年から2015年まで愛知県弁護士会 副会長

2017年から2020年まで名古屋大学大学院法学研究科(法科大学院) 教授


講演者:Sidney Kanazawa  (弁護士/Alternative Resolution Centers  Mediator)

Alternative Resolution Centers メディエーター

弁護士として、40年以上に渡り国際ビシネスから公害や家事に至るまで多方面で活躍、とりわけ独

立したMediatorとしての評価が高い。長年NITA講師としても積極的に研修ダィレクターや講師とし

て活躍しており、PSIMセミナーの講師を2009年2月と2010年10月に務めた。ABAやカリフォルニア

州法曹協会をはじめとする数多くの要職も歴任した。


講演者:J.C. Lore (Rutgers Law School 教授)

Rutgers Law School  教授

Rutgers Law Schoolで卓越臨床法学教授と法廷弁護ディレクターを務める。2004年以降NITA講師と

なり、合衆国内のみならず、ケニヤ、アイルランド、ナイジェリア、タンザニア、シンガポール、中

国で法実務研修を行った経験がある。PSIMコンソーシアムが翻訳出版したSteven Lubet「現代アメ

リカ法廷技法」(原著は 2004年)の新版「Modern Trial Advocacy - Analysis and Practice」6th

edition(2020)の共著者である。


司会:藤本 亮(PSIMコンソーシアム 代表/名古屋大学大学院法学研究科 教授)

申し込み方法

参加申し込みは下記のボタンよりお願いいたします。
参加申し込み後、接続先をお知らせいたします。
なお、ご連絡いただきました個人情報は、参加者確認の目的のみに使用しセミナー終了後速やかに破棄いたします。

PSIMコンソーシアム「法実務技能教育支援セミナー」(11/13)のお知らせ

2021/10/29

第38回法実務技能教育支援セミナー

日時:2021年11月13日(土)15:00~16:30

法科大学院補助教員の意義と役割

法科大学院教育は、専任教員のみならず、多くの外部の教員によって支えられています。また、それぞれの科目を主担当する教員だけではなく、さまざまな形で授業にかかわる「補助教員」の法曹養成教育への貢献も重要です。今回のセミナーでは、こうした「補助教員」が果たしてきた、またこれから果たすべき役割とその意義を振り返りつつチームティーチングのメンバーとして「補助教員」のみなさん自身がどのように貢献しようとしているのかを考えていくため、座談会形式でのセミナーを企画いたしました。「補助教員」の定義や雇用形態は法科大学院によってさまざまではありますが、ここでは専任ではなくかつ当該科目主担当ではない若手の弁護士というカテゴリーでさまざまな立場からのご発言をいただきます。なお、本セミナーはZOOMを用いてのリモート実施となります。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

<司会>

上松 健太郎

(名古屋大学大学院法学研究科 准教授、弁護士法人オールスター

藤本 亮

(名古屋大学院法学研究科 教授、PSIMコンソーシアム代表)

<登壇者紹介>

三宅 千晶 氏 (70期)

(早稲田大学アカデミック・アドバイザー、早稲田リーガルコモンズ法律事務所)

備酒 貴也 氏 (73期)

(一橋大学学習アドバイザー、渋谷シビック法律事務所)

 

申し込み方法

参加申し込みは下記のボタンよりお願いいたします。
参加申し込み後、接続先をお知らせいたします。
なお、ご連絡いただきました個人情報は、参加者確認の目的のみに使用しセミナー終了後速やかに破棄いたします。

PSIMコンソーシアム「法実務技能教育支援セミナー」(7/9)のお知らせ

2021/06/21

第37回法実務技能教育支援セミナー

日時:2021年7月9日(金)18:00~19:30

法曹養成と公益活動の担い手育成について

司法改革の主要な柱である法曹養成制度改革は、プロセスとしての法曹養成を理念としてきました。そこでは知識やスキルの錬成のみならず、将来どのような業務を行っていくのか、そしてその根底にある弁護士としてのアイデンティティの熟成も目的のひとつとなっています。
リーガル・クリニックは、ロースクールでの法実務教育科目の中で重要な位置を占めています。法律家の現場を見聞し、リアルなクライアントと接することはそれ自体大きな意義があり、将来の進路選択にとっても大きく影響すると考えられます。
今回は、公益活動を担う弁護士育成を目的としたクリニックプログラムの展開構想を小島秀一先生をお招きしてご講演いただき、法曹養成制度の中でのリーガル・クリニックの意義を考えるセミナーを企画いたしました。
なお、まだまだCOVID-19の感染拡大が収まる気配がないことから、本セミナーはZOOMを用いてのリモート実施となります。
多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

講師紹介

講演者:小島 秀一 

(弁護士 弁護士法人早稲田リーガルクリニック)

<講師紹介>
1977年生まれ。早稲田大学法学部卒業。早稲田大学大学院法務研究科修了。弁護士(弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック、東京弁護士会)。臨床法学教育研究所招聘研究員。早稲田大学法務研究科非常勤講師。一般社団法人法曹養成ネットワーク理事。

 

 

 

申し込み方法

参加申し込みは下記のボタンよりお願いいたします。
参加申し込み後、接続先をお知らせいたします。
なお、ご連絡いただきました個人情報は、参加者確認の目的のみに使用しセミナー終了後速やかに破棄いたします。

PSIMコンソーシアム「法実務技能教育支援セミナー」(12/20)のお知らせ

2020/12/03

第36回法実務技能教育支援セミナー

日時:2020年12月20日(日)16:00~18:00

COVID-19感染拡大期における世界の臨床法実務教育

COVID-19の流行により、ロースクールに限らず大学での授業はリモート対応が大半を占めています。
オンライン環境での授業であっても、対面授業と同様に、アクティヴラーニングを実現するためロイヤリングや模擬裁判などのシミュレーション系科目でのさまざまな工夫をなさっていることと存じます。
さらに、大学外で実施するクリニック系科目やインターンシップ/エクスターンシップ科目もその実施にあたって大きな影響を受けております。
こうしたクリニック系・インターンシップ系の法実務技能教育に焦点をあて、スペイン、シンガポール、合衆国のロースクール教育、そして合衆国の継続法曹教育の状況について何が行われているのかを情報共有する機会としてPSIMセミナーを企画いたしました。
みなさまの担当される授業の参考としていただければ幸いです。
なお、今回のセミナーはZOOMによるウェビナー開催といたします。法実務教育に関心のあるみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

講演Ⅰ
"Lessons in the Time of COVID."(コロナの時代の教え)

Adam D. Dubin
(スペイン ポンティフィシア・コミージャス大学 教授)

講演Ⅱ
"Virtual Client Meetings with Student Interns: Advantages and Challenges"(学生インターン生とのクライアント仮想面談: 利点と課題)

Helena Whalen-Bridge
(シンガポール National University of Singapore 准教授)

講演Ⅲ
"U.S. legal education at a Crossroads – Change, Confronting an Existential Crisis, and COVID-19"(合衆国法学教育の岐路-変容、立ちはだかる存在論的危機、そしてCOVID-19)

Matthew Wilson(テンプル大学日本校 学長)

講演Ⅳ
"Teaching Real Advocacy in a Remote Setting"

Wendy McCormack(NITA所長)、Annie Deets(NITA理事)

スケジュール・講師紹介

【第1部】16:00~17:20

Ⅰ."Lessons in the Time of COVID."(コロナの時代の教え)
講演者:Adam D. Dubin (スペイン ポンティフィシア・コミージャス大学 教授)

<講師紹介>
法学部国際公法講座で教鞭をとり、国際法・ヨーロッパビジネス法LL.Mプログラムの責任者を務める。サハラ以南のアフリカの人権問題の専門家であり、アフリカ、インド、カンボジアで国連関係の人権プロジェクトに参加した多数の経験を有する。

Ⅱ."Virtual Client Meetings with Student Interns: Advantages and Challenges"(学生インターン生とのクライアント仮想面談: 利点と課題)
講演者:Helena Whalen-Bridge  (シンガポール National University of Singapore 准教授)

<講師紹介>
コネティカット州・カリフォルニア州弁護士。連邦地裁ロークラーク、カリフォルニア州検事、日本・シンガポールでのインハウスを経て、現職。
NUSの法実務教育の中心的役割を担う。

Ⅲ."U.S. legal education at a Crossroads – Change, Confronting an Existential Crisis, and COVID-19"(合衆国法学教育の岐路-変容、立ちはだかる存在論的危機、そしてCOVID-19)
講演者:Matthew Wilson (テンプル大学日本校 学長)

<講師紹介>
日本法、アメリカ法を専門とする。ワイオミング州立大学教授、アクロン大学教授、同LSディーン、同学長、ミズーリウェスターン州立大学学長を経て、2020年9月より現職。日本語も堪能。

Ⅳ."Teaching Real Advocacy in a Remote Setting"
講演者:Wendy McCormack(NITA所長)、Annie Deets(NITA理事)

<講師紹介>
PSIMコンソーシアムと長年協定に基づく協力関係にあるNITAの所長。長年NITAのプログラムコーディネータを務めた後、2017年より現職

(時差の関係で一部録画済ビデオによる講演)

【第2部】17:30~18:00

パネルディスカッション(Adam D. Dubin/Helena Whalen-Bridge /Matthew Wilson )
司会:藤本 亮(PSIMコンソーシアム代表 名古屋大学大学院法学研究科教授)

申し込み方法

参加申し込みは下記のボタンよりお願いいたします。
参加申し込み後、接続先をお知らせいたします。
なお、ご連絡いただきました個人情報は、参加者確認の目的のみに使用しセミナー終了後速やかに破棄いたします。